研究内容Research Contents

浅田研究室では、音が啓く海洋先進技術の研究開発:音で視る水中セキュリティソーナーシステム、海中ロボットを使った海底地殻変動計測システム、水中映像・形状を捉える音響計測システム、海底下をマッピングする合成開口ソーナーシステムなどの研究開発を行っています。世界最先端の水中音響計測システム工学を目指しています。

最新の研究内容

名前   研究内容 リンク
水野勝紀 特任助教 伊豆沼における高解像度音響画像を用いた オオハクチョウの採食行動がハス生息密度へ及ぼす影響の調査 PDFファイルを開く
    音響パルス法を用いた浅深度サブボトムプロファイリング技術による新しい水生植物モニタリング手法の開発 PDFファイルを開く
    Three dimensional mapping of aquatic plants at shallow lakes using 1.8 MHz high-resolution acoustic imaging sonar and image processing technology. PDFファイルを開く
    音響パルス反射法を用いた蓮根生息状況可視化技術の開発に向けた研究 PDFファイルを開く
小島光博 特任研究員 海底鉱物資源広域探査システム開発①
PDFファイルを開く
    海底鉱物資源広域探査システム開発② PDFファイルを開く
片瀬冬樹 特任研究員 海底鉱物資源広域探査システム開発 PDFファイルを開く
    洋上からのマルチビーム測深データを利用した熱水鉱床探査手法の検討 PDFファイルを開く

これまでの研究内容

研究課題 リンク
Precise positioning and precise topographical survey technology PDFファイルを開く
文部科学省 海洋資源の利用促進に向けた基盤ツール開発プログラム:
海底位置・地形の高精度計測技術の開発(受託研究)
詳細ページを開く
文部科学省 海洋資源の利用促進に向けた基盤ツール開発プログラム:
コバルト リッチクラストの厚さの高精度計測技術の開発(受託研究)
詳細ページを開く
科学研究費補助金 基盤研究(C):海底熱水活動の三次元可視化および湧出量計測手法の開発 詳細ページを開く
港湾航路浚渫域における海底砂泥中の有害危険物音響映像検知システム開発(共同研究) 詳細ページを開く
(独)土木研究所 寒地土木研究所 音響カメラ画像解析ソフトウェア改良(受託研究) 詳細ページを開く
海底地殻変動観測技術の高度化に関する研究(共同研究) 詳細ページを開く
水中セキュリティ監視技術の研究開発(共同研究) 詳細ページを開く
海底ステーションを基地とする海中観測ロボットによる自動海底地殻変動観測手法の開発 詳細ページを開く
ソーナーを用いた水中植生計量技術の研究開発 詳細ページを開く
ソーナーを用いた海中生物の生態観察に関する研究 詳細ページを開く
走行型ROVの低視程下運行をサポートするための音響ビデオカメラ利用手法の開発 詳細ページを開く
AUVに取り付けた低周波音源を用いるミルズクロス送受信システムによる低高度航走での熱水鉱床海底下分布状況の探査手法に関する研究 詳細ページを開く
Asada Lab

PAGE TOP