研究内容Research Contents

海底鉱物資源広域探査システム開発

 広域地形マッピング、海底の底質を探査するBackscatterデータの解析、海底下の地層探査などを経て、海底熱水鉱床域を絞り込み、AUV/ROVを活用した海底観察や精密地形探査・底質採取等を行い、海底鉱物資源を探査する技術を実用化することが目的である。
 NMBより取得・解析したデータをベースとして、海底の特異な地形変化(断層やマウンド地形の有無)、反射強度の特性を考察し、詳細調査の位置の検討を行う。

SBP(Sub-Bottom Profiler)とは

 SBP(Sub Bottom Profiler)とは、海底から直上10m~200mを航行する曳航体に装備されたソナーから低周波音を海底面に発信して、海底下の地層及び、底質を計測するシステムである。また、音響測位装置、CTD及び、DVLを用いることで、地層の三次元位置情報を取得出来る。
 SBP単体の性能が良くても、搭載する曳航体が大きく揺れたり、曳航体の位置調節を怠ると品質の良い地層データを得ることはできない。そのため、SBPの設計・製造のみでなく、観測計画・関係機器の品質担保も重要となる。

PAGE TOP